階段と廊下の配置と考え方

家を建てるにはまずは情報収集から始めましょう。 優良ハウスメーカーの無料の資料請求はこちら

階段と廊下の配置と考え方

新築の階段と老化の配置と考え方

 

新築の配置を考える中で階段と廊下をどうやって配置すればいいのか?
正しい配置方法ってあるのか?悩んでしまいますよね。

 

私も実際に家を建てる時に廊下や階段の配置に随分悩みました。

 

 

 

基本的に間取りの無駄をなくすために最小限のスペースでまとめた方が正しいといえます。
廊下や階段は曲がり角が多いと、出会いがしらにぶつかるなどの事故に
繋がり危険ですからね。

 

そして階段は昇りやすい勾配をつけて
手すりをつけることです。

 

今は手すりの必要がなくても年を取ってからや
体調がすぐれない時、2階にいて調子が悪くなった時のことを
考えると手すりは必要です。

 

廊下と階段の幅は、最低でも80センチ程度は確保しましょう。

 

狭すぎてもいけませんし広すぎてもいけません。
必要であれば設計士に図面を引く時点で注文をつけておくことです。

関連ページ

住宅の防火規制
住宅の防火規制について
新築と汚染物質
新築と汚染物質について
床下
床下について
収納スペースの確保の仕方
収納スペースの確保の仕方について
間取りのコツはリビングとダイニング具体的な間取り
間取りのコツはリビングとダイニング具体的な間取り
建設から完成までに行う5つの事項
建設から完成までに行う5つの事項について
家は購入と賃貸はどっちが得?
家は購入と賃貸はどっちが得?について
隣近所とのトラブル
隣近所とのトラブルについて
鉄骨造とRC造
鉄骨造とRC造について
安全な木造住宅とは
安全な木造住宅とは
玄関の広さと収納方法
玄関の広さと収納方法
登記の流れと必要書類
登記の流れと必要書類について
システムキッチン
システムキッチンについて