安全な木造住宅とは

家を建てるにはまずは情報収集から始めましょう。 優良ハウスメーカーの無料の資料請求はこちら

安全な木造住宅とは

日本の木造には、神社仏閣や古い民家などで用いられている昔ながらの伝統工法がありますが、
熟練した技術者が少なくなっているのが現状です。

 

原因の一つとして新築のデザインもモダンな洋風スタイルが取り入れられているからです。

 

 

 

 

私たちに身近な構法には「在来軸組構法」と「2×4構法」があります。

 

在来軸組構法は、土台、柱、梁で建物の骨組みを作り、筋かいという斜めの材や
軸組みに構造用合板などをくぎ打ちした耐力壁をバランス良く配置して、地震や風圧に耐えるよう考えられた構図です。

 

ようするに、間取りの自由度が高くなり、増建築もしやすいということです。

 

次に2×4構法ですが、断面寸法が公称2×4インチ、2×6インチなどの木材を主に使用して
「枠」を作り、その枠に構造用合板をくぎ打ちにして「パネル」化することです。
このため、「枠組壁工法」とも呼ばれています。

 

パネルが耐力壁となり、建物全体にバランス得設置することで地震や風圧、
屋根や床の荷重に耐えられるようになっています。

 

在来構法に比べて施工が簡単で、高い技能がなくても耐震性を確保できるということです。
増建築は少々難しいと言えるでしょう。

関連ページ

住宅の防火規制
住宅の防火規制について
新築と汚染物質
新築と汚染物質について
階段と廊下の配置と考え方
階段と廊下の配置と考え方について
床下
床下について
収納スペースの確保の仕方
収納スペースの確保の仕方について
間取りのコツはリビングとダイニング具体的な間取り
間取りのコツはリビングとダイニング具体的な間取り
建設から完成までに行う5つの事項
建設から完成までに行う5つの事項について
家は購入と賃貸はどっちが得?
家は購入と賃貸はどっちが得?について
隣近所とのトラブル
隣近所とのトラブルについて
鉄骨造とRC造
鉄骨造とRC造について
玄関の広さと収納方法
玄関の広さと収納方法
登記の流れと必要書類
登記の流れと必要書類について
システムキッチン
システムキッチンについて